様々あるキャッシングサービスの手続きの視点から見てみると、審査もまたいろいろあるということが図れます。一口にキャッシングと口々にいっても、銀行であったり大手の会社であったり、闇金融などが存在し様々です。これらのキャッシング業者を比べた場合、当たり前に、手続きがゆるい会社通りづらい会社に、はっきり分かれます。合わせてお金を借り入れる会社は、多くて三社というのが判定の基準と考えられます。キャッシングをしている会社が3社がキャッシングをしている金額が年間の収入の3分の1以下であれば、銀行であっても審査項目に通過する見込みは高いです。銀行系はたいてい利子が少なめに設けていますので、ご利用するならば銀行がよいでしょう。借り入れ件数がもし4件を超えている場合は、銀行は難しくなるといえます。なのですが、2006年からできた制度の出資法や貸金業規制法などの法改正により、利息の上限金利が下がり、銀行系ではキャッシングの審査が難しくなってきている方向にあるはずです。金融機関もで、さらに審査項目に関しては通りづらくなってきているはずです。また手続きの幾分あまい会社と人気の企業でも、安易に審査を依頼すればよいわけでもないはずです。仮に、前もってその会社に関して情報を収集せずに申込みをして、審査項目をクリアしなかった際は、その審査項目は個人信用情報機関に登録されるのです。信用情報機関に保存されるのは3ヶ月〜6ヶ月ですので、その期間、個人信用情報機関の情報が汚れてしまうこととなってしまします。汚れたからといって即座に借りられないというわけではありませんが、その情報を参照するキャッシング会社の審査項目には、自然に、影響があるはずです。割に幾分甘いといわれる審査項目を持つ会社でも、そのことにより融資を受けられなくなる場合もある可能性がでてきます。