通常、任意保険という保険は強制保険の自賠責保険とは違って、自賠責保険では補うことが難しい補償を受ける必要性の高いものです。この任意保険の考え方は自賠責保険の上乗せ保険という意味合いで有用なものですので、自賠責保険の支払い限度額を上回ったときに機能します。それに、自賠責保険だけでは物に対する損害に対しては補償対象にならないので、対物損害をカバーするのであれば入ることが望ましいです。もう任意保険を納めているマイカーを売る際は、国産車あるいは海外の車などことは関係なく、残っている分が還付されます。これは日本の車を処分する場合でも同じです。自賠責保険は基本的には入ったままにしておくのが通例ですが任意保険というのは誰もが加入するものではありませんから、契約解除になります。それで、任意保険を契約解除後は今現在 払っている返戻金が返金されるのです。中古車売却が決まったからといってすぐに任意保険の契約を解除するというのはリスクが高いです。もちろん、すぐにキャンセルしてしまえばそれだけ返還される保険料は増加しますが、もしも車専門店が遠くにあって自分で乗っていくような時は、保険なしで自動車の運転をすることになります。リスクを考慮してもう自分で車の運転をしないという状況になる時まで契約の解約手続きはすることがないようにしてください。自動車を処分して、違う車種に乗り換える場合ならば構わないでしょうがもししばらく車の運転をしない状況が継続して任意保険に加入している意味がなくなってしまったらこのように任意保険に加入していない時間が存在する場合、以前継続していた任意保険の等級が下がり任意保険の保険料が上がることがあります。こういった場合であれば「中断証明書」というものを発行してもらうようにすることが必要です。この「中断証明書」で、一定期間、中断前の等級を継続することができるのです。さらに、13ヶ月以内であれば発行することができますから仮に現在愛車を売られていて、「中断証明書」を発行されてもらっていないのでしたらその保険会社や保険代理店にその旨をお伝えください。もしあなたが新しくクルマを買って、その後前に持っていた中古車を買い取りに出すのであれば任意保険の加入は一方のみのになります。任意保険の契約し直しという対応になるので、運転をする予定の愛車の場合、引き取りまで注意しましょう。そして任意保険という保険は車両により金額がそれなりに変わりますから愛車売却の際は任意保険の保険料を振り返る良い機会になるでしょう。